Tuesday, May 7, 2013

インターネットの法と慣習


インターネットの法と慣習

@ikedanob さんを通じたメーリングリストでの会話
K氏
> 制定法の膨大な”手続き”の部分に科学的なメスを入れるのは
> 賛成ですが、見なおすべきは、制定法”主義”そのものでしょ
> うね。

これは大いにあるでしょうね。

尚、「制定法」自体の解釈の仕方として、もし
「<制定した>と言うプロセスを経て、判例と同等の効果が得られた」
といった技巧を施せるのであれば、「制定法主義」にメスを入れる
チャンスが生まれるかもしれません。
今までの「制定法」をどう扱うか、というのも、メスを入れる際の
視点としては重要でしょうから。(既存の膨大な制定法を判例と言う
範疇にカプセライズし押し込める)

K氏
なるほどです。
法を作るオブジェクトモデルのサンプルができたら、それはかなり画期的な
研究になると思いますよ。→期待してます。:-)
Positivismであれば、”権利”そのものが、おそらくObject化可能でしょうから、
Positivismの法体系であれば、もしかすると実現可能かもしれない。
#一方、コモンローだと、権利に対し、Semanticsの超難問が出てきそうで
できそうにないかも。。

----

K氏
> そもそも社会主義、共産主義の法体系もPositivismですが、自
> 由主義圏の国であっても制定法主義をとりつづける限り、それ
> に極めて近い体系にすりよっていくことになるでしょう。
> 実際、日本がそうであるように。

なるほど、これは一理ありますね。

Positivism というのは結構面白い概念ですね。この
「反作用」としての<減点主義>への系譜等も興味の
あるところであります。
#多分、アメリカに措ける「加点主義」も、Negativismの
#反作用かもしれない ... と考えると極めて「法が文化を
#Mold する」と言えるのかもしれません。

No comments:

Post a Comment